一応、東大女子ですけど、すみません

恋愛とか人間関係とか、ふつうの東大女子による些細なあれこれ。

処女とかヤラハタとかビッチとか

 

ヤラハタになりたくないからセフレでもつくろうかな、と言った女友達がいる。

処女の価値ってなんだろう。

20にもなって処女だということは恥ずかしいことなのかな。

 

ふと、ビッチになりたい、と思う時がある。

いろんな男の人と寝ている女の子の話を聞いて、軽蔑と羨望を同時に抱く。

ももっと早く処女を捨てていれば、もっと気軽に男性と寝たり、そういう人生の楽しみ方もあったのかもしれない、と思う。

一日ビッチな子と体を交換して、てきとうな男性と寝てみたい。そんな風に思ったりもする。それっておかしなことなのかな。

 

私の中高は女子校で、性教育で何を教わったか全く覚えていない。

何を教わればもっと性に自然に向き合えるのかなんて分からない。

大学生にもなって自分の性をもてあましているのは、完全に「女子校拗らせ」だよね、と笑う。

でも、女子校じゃなくても、私はやっぱり自分の性への向き合い方を知らないと思う。

処女膜ってなんだよ。生理はいっちょまえに毎月訪れやがって。ちょっと自分の身体にツッコんでみたりする。

ボケとツッコみって意味で、別に物理的に突っ込むわけじゃないよ。

 

三島由紀夫の本を読んでいて、処女膜があるのは人間とモグラだけなどという記述に出会った時は驚いた。

事実じゃないらしいのだけれど、人間とモグラにしか処女膜がないのを想像するとなんだかとても可笑しい。モグラって。笑える。

 

性の問題って、誰かと面と向かって話す機会がないから、「こう思ってるのは自分だけなのかな」と不安になる。

「みんなはいつセックスしたんだろう」。知りたいのは統計とかじゃなくて、自分の所属している女の子グループの相場感だから、調べようがない。聞くのもはしたない気がして聞けない。

インターネットで知らない人が自分と同じようなことを考えていると、ほんのちょっと救われる。これも私だけかな。どうか他の人にとってもそうでありますように。